前へ
次へ

営業求人では転職者は何を伝えるべきか

営業求人探しは、仲介会社や支援サイトを経由したり、求人アプリの検索機能を使って探すこともあるでしょう。
営業求人情報の読み方を知ること、さらに転職活動はタイミングではありますが、応募数には目安があり、若手育成のためにわずか数名という狭き門でもあります。
さらに、営業求人募集では転職理由を必ず質問されるため、回答を用意しておきましょう。
事実やホンネだけではまたすぐに同じ理由で辞めてしまうかもしれないマイナスとなる印象を植え付けてしまいます。
転職のきっかけとなった理由は伝えるべきで、そこから先は、その会社で実現したい目的を伝える構成をねるようにしましょう。
例えば、同じ営業職からでも、残業が多すぎたことがきっかけならば、効率よく進めることのできる御社で成果を出していきたい目的を伝えてみましょう。
また、営業求人募集では営業目標を高く持つ人材を募ることもあります。
ノルマもつらくのし掛かるわけで、転職理由の一つです。
切り返し方としては、顧客とじっくり向き合える御社でなら、信頼関係を構築でき、真心を売ることを目的にしたい旨を伝えてみれば好感触でしょう。

Page Top